カードローン利用時の注意点

角丸

カードローン利用時の注意点

カードローンの利用するにあたって気になる点を挙げるとすると、 それはもし返済日を延滞してしまったらどうなるのかということではないでしょうか。 もし資金繰りが悪化するなどして返済日に間に合いそうにないと分かった時は、 くれぐれも無断の延滞だけは避けることが重要になってきます。 一昔前のドラマのようにその筋のお兄さん達が自宅にやって来て返済を迫るということは現在はまずありませんが、 延滞したことによってそれが様々な問題に発展していくことは間違いありません。

そんな時は金融機関のホームページやパンフレットに返済相談ができる電話番号が載っていますので、まずは電話をして相談してみましょう。 それによりカードローン利用者の事情と交渉の仕方によっては、数日間待ってくれる場合もあるようです。 カードローン利用者の事情とは、やむを得ない状況を指しています。 それは勤め先の会社が倒産などして給与の支払いが無かった時や、事故や病気で入院していた為に指定日までに入金をすることができなかったといった場合です。

しかし、どのような事情でも返済期日が守れなかったと言う事実は利用者の信用に影響していきます。 返済する為の入金は、あらかじめ日にちに余裕をもって準備しておきましょう。 何事も計画的にすることが大切です。 カードローンの利用するにしても備えあれば憂いなしと言われるように、何かあった時にスムーズに対処出来る術を身につけていれば、ピンチの時でも慌てずに済むのです。

話は戻りますが、延滞期間が長くなると書面での督促状が届くようになります。 そしてそれは民事裁判に発展する可能性も出てくるのです。 個人信用情報機関にも、金融事故として名前が登録されることになります。 事故情報が登録されてしまうと、今後数年間新たにお金を借入れることができなくなるデメリットがあります。

以上のことから、返済ができない場合はまず自分から先に金融機関に申し出ることや、 長期に渡る返済計画の見直しが必要なのかを含め、一度カードローン会社窓口で相談をすることが大変大切になってきます。
角丸